1人で自由に暮らせるお城?夢の賃貸探し

賃貸を借りる初期費用と家具家電の初期費用

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の部屋を探すのにあたり、初期費用がいくらかかるものなのか、最初に理解しておく必要があります。せっかく条件の良い部屋に出会えたと思ったのに、初期費用が思いのほか高いことをあとから知ったのでは、後の祭りなのです。ですから、最初に賃貸というのは、部屋を借りる時にいくら、何に対してかかるものなのか、知っておきましょう。基本的に部屋を借りる初期費用は、いくつかの項目に分かれています。敷金は家賃のひと月分から2ヶ月分です。礼金も同じく、家賃のひと月分から2ヶ月分というパターンが多いです。仲介手数料がある場合は、家賃の0.5からひと月分と考えておきます。新築で部屋を借りるのか、築年数が経過している物件を選ぶかによっても、初期費用は変わってきます。もしも自分より前に誰かが住んでいた部屋でしたら、鍵の交換も行う必要が出てきます。特に女性の場合はセキュリティ面を重視して、必ず鍵の交換を行うべきです。初期費用には、この鍵の交換代金も含みます。クリーニング代が発生するのであれば、2万円から4万円をみておきます。賃貸を借りたら、保険にも入る必要が出てきます。これは必ず入らなければなりません。地震や火災に備えた保険になります。それぞれに約2万円ほどを想定しておくと良いです。契約条件によっては、ひと月分の家賃を前払いするようなケースもあります。これだけ上げても、賃貸を借りるのには、結構な費用がかかることがわかります。初期費用として用意するのは、家賃の3ヶ月分から4ヶ月分であるということを、頭においておくと良いです。

これは賃貸の部屋を借りるための、それだけの初期費用になります。部屋を借りて生活していくためには、必要な家具や家電なども揃えることになります。もしも賃貸暮らしが初めての人であれば、家電商品も家具も、全て買い揃えることになります。その費用も、準備をしておかねばなりません。新品の商品を購入することもできますが、リサイクルショップなどで、格安で家電を購入するなど工夫を凝らせば、初期費用もダウンさせることができます。賃貸を借りる時には、生活に必要な家電などの費用もあわせて、トータルの初期費用の目安を出すことです。